本文へスキップ

サラリーマン受験生応援専科は働きながら勉強するサラリーマンを応援します!

資格と転職転職日記

ホーム > 転職日記 > 資格と転職

資格と転職の関係

転職活動を始めるとき、「転職には資格が必要だから自分には無理」と考える人もいると思います。そこでここでは転職活動において資格は絶対に必要なのかを考えたいと思います。

(1)「資格はあるに越したことはないが、絶対ではない」

まず一般的に言われることは、「資格はあるに越したことはないが、絶対ではない」ということです。結論から述べれば、これは正しいと思います。その理由は以下の通り。

 なぜ、「資格はあるに越したことはないが、絶対ではない」のか?
  1. 超大型資格でない限り、それだけで採用されることはまずない。転職活動はその人の実務経験としてのキャリア、即戦力が欲しいのであって、資格が欲しいわけではない。
  2. 逆に、会社への応募資格として一定の公的資格が求められていて(例えば簿記2級)、自分がその資格に達していなくても(例えば簿記3級しかもっていない)、採用されないことはない。採用基準として「人物重視」としているところが多く、特に第2新卒などは、考え方や人柄・潜在能力などを見られるため、多少資格面において足りないところがあってもむしろ積極的にチャレンジすべき

(2)ありすぎると困ること

「資格はあるに越したことはない」と言いましたが、ありすぎても困るときがあります。それは、例えばまったく関連性のない資格ばかり持っていると、仕事とは関係のない「資格マニア」と思われてしまうことです。

私もいくつか資格を持っていましたが、転職活動の面接のとき、こんなことを聞かれました。「いくつも資格をお持ちのようですが、勉強は好きですか?」と。このときの返答は、「自分のための勉強は好きです。でも、試験自体は嫌いです。」というようなものでした。これが良かったのかどうかは分かりませんが、このときの面接は通り、内定を頂くことが出来ました。「過ぎたるは及ばざるが如し」かもしれません。

(3)それでも資格は欲しいもの

とは言うものの、やはり資格は欲しいもの。特に技術系の資格は、ないと絶対に採用されない場合もあるようです。要は、自己研鑽の一環として取得したことをアピールできれば良いのかと思います。

バナースペース

お知らせ

ご意見やご質問、また相互リンクのご依頼は、入力フォームからお気軽にどうぞ。リンクしていただける場合は、リンク集の下部にある紹介文等をご参照ください。
Yahoo! JAPAN に登録されています。
その道のプロが、あなたをガイド。All About「仕事に活かせる資格」にて、インタビュー記事が掲載されています。