本文へスキップ

サラリーマン受験生応援専科は働きながら勉強するサラリーマンを応援します!

試験の日が近づいたらサラリーマンとして

ホーム > サラリーマンとして > 試験の日が近づいたら

試験の日が近づいたら気をつけるべき点

何はともあれ、まずは試験の願書を提出しなければなりません。しっかりと提出締切日を確認しておきましょう。これを逃してしまっては、せっかくの努力も水の泡。

最近の試験は郵送やインターネットから直接申し込めるものもありますが、出来るならば直接主催団体に申し込みに行くのが確実でしょう。ただ、願書の提出期間が、平日の昼間という場合が多いので、サラリーマン受験生にとっては時間的に厳しいかもしれません。郵送する場合は、不備があっても大丈夫なように、時間に余裕を持って送りましょう。

試験日は、試験にもよりますが日曜日が多いようです。しかし、なかには平日に行われるものもあります。その場合は有給をとらざるをえません。出来ればその前日にも休みを取って勉強したいもの。有給の確認はしっかりとしておきましょう。また、試験当日、あなたがいないと動けない案件や、もしもの事態に備えて、試験の前には仕事のスケジュール管理も大切です。

サラリーマンとして気をつけるべき点」で述べたように、自分の試験に関して会社に報告している場合はともかく、何も知らせていない場合は、周りの人が自分の都合を考えてくれるとは限りません。なるべく仕事に支障をきたさないよう、十分配慮することがサラリーマンのエチケットと言えるでしょう。とは言うものの、試験前のナーバスな時期には少々難しいかもしれませんが・・・。

バナースペース

お知らせ

ご意見やご質問、また相互リンクのご依頼は、入力フォームからお気軽にどうぞ。リンクしていただける場合は、リンク集の下部にある紹介文等をご参照ください。
Yahoo! JAPAN に登録されています。
その道のプロが、あなたをガイド。All About「仕事に活かせる資格」にて、インタビュー記事が掲載されています。