本文へスキップ

サラリーマン受験生応援専科は働きながら勉強するサラリーマンを応援します!

受験生として気をつけるべき点受験生として

ホーム > 受験生として > 受験生として気をつけるべき点

勉強時間の不足を克服するには

サラリーマン受験生が受験生として気をつけるべき点は、なんと言っても「どうやって勉強時間の不足を補うか」でしょう。

サラリーマン受験生は、大学生や受験専念者に比べると、勉強時間に関して圧倒的に不利です。そこで、サラリーマン受験生がこの時間不足を補うため最も心がけるべき点は、「最小の努力で最大の効果を引き出す」ことです。

サラリーマン受験生の心得三か条」では、全体的な心がけないし精神論的なことを述べましたが、ここではサラリーマン受験生の最大の弱点である「勉強時間の不足」を克服するための指針を述べたいと思います。

 最小の努力で最大の効果を出すには
 
  1. 時間管理(最小の努力)
    仕事でもそうですが、しっかりとしたスケジューリングができなければ、時間を有効活用できません。なお、具体的なスケジューリングの方法は、「まずは計画を立ててみよう」を参考にしてみてください。
  2. 取捨選択(最大の効果)
    「どの資格を狙うか」から、「どの専門学校を利用するか」「どの問題集を使用するか」まで、勉強を始める前段階が重要と言えるでしょう。この取捨選択には、個人の情報だけではどうしても不足しますので、合格者や専門学校の講師等、情報収集が欠かせません。

バナースペース

お知らせ

ご意見やご質問、また相互リンクのご依頼は、入力フォームからお気軽にどうぞ。リンクしていただける場合は、リンク集の下部にある紹介文等をご参照ください。
Yahoo! JAPAN に登録されています。
その道のプロが、あなたをガイド。All About「仕事に活かせる資格」にて、インタビュー記事が掲載されています。