本文へスキップ

サラリーマン受験生応援専科は働きながら勉強するサラリーマンを応援します!

体を動かすことの重要性受験生として

ホーム > 受験生として > 体を動かすことの重要性

スポンサードリンク


腰痛になって思ったこと

私は大学の入学前から腰痛持ちになってしまいました。もうかれこれ10年超の付き合いです。いまだに長時間座っているとジワジワと腰の奥から痛みが襲ってきます。

腰痛になってしまった真の原因は分かりませんが、それまで何年も続けてきた剣道部での活動が高校卒業と同時に終了し、急に机に向かう時間が長くなったことも1つの原因だと考えます。

このことから、体を動かすことの重要性を感じ、施策を打つことにしました。


サラリーマン受験生の体の動かし方

「サラリーマン受験生に運動は不要か?」と言われれば、答えは「否」ですが、サラリーマン受験生にとって、さすがにジムに通ったり、休日に草野球なんてわけにはいきません。ただ、適度な運動は、勉強面だけでなく、仕事の効率にも影響することは間違いないでしょう。

そこでオススメしたいのが、
「一駅前下車通勤」です。名称はともかく、こんな方法は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。これは、最寄駅の一駅前で下車し、そこから自宅(あるいは会社)まで歩くといった方法を言います。有酸素運動は連続して最低20分行わないと意味がないらしいですが(連続ではなくても良いという説もあるようですが・・・)、それはそれ。

とにかくサラリーマン受験生には時間がありません。こういうときは、少なくてもコツコツ続けることで成果にしていきましょう。専門家ではないので科学的な根拠などはないですが、これは実体験から感じたことです。特に事務系サラリーマンは一日中パソコンの前に座りっぱなしですから、体に良くありません。

この方法のちょっとしたコツは、歩いているときに考えることです。ここでは決して勉強の「中身」については考えてはいけません。なぜなら、テキスト類を見ているわけではないので(歩きながらの読書は危険です(実証済))、誤解して覚えてしまう危険があるからです。そこで、ここでは勉強の「方法」や、最近取り組んでいる仕事を頭の中で整理してみてください。歩きながらというのは、意外と「いいアイデア」が浮かんでくるのです。


スポンサードリンク


バナースペース

お知らせ

ご意見やご質問、また相互リンクのご依頼は、入力フォームからお気軽にどうぞ。リンクしていただける場合は、リンク集の下部にある紹介文等をご参照ください。
Yahoo! JAPAN に登録されています。
その道のプロが、あなたをガイド。All About「仕事に活かせる資格」にて、インタビュー記事が掲載されています。