本文へスキップ

サラリーマン受験生応援専科は働きながら勉強するサラリーマンを応援します!

目次学習のススメ実践!勉強法

ホーム > 実践!勉強法 > 目次学習のススメ

目次学習とは?

目次学習の定義は人それぞれかもしれませんが、一応ここでは次のように定義します。

目次学習とは、テキストの目次を見ただけで、そこに書いてある内容を読まないでもある程度書ける、あるいは想像できる状態にすることを言います。

やり方はいろいろあると思いますが、まずは目次にある一番大きな項目からはじめ、次に中項目、そして小項目とステップアップしていくと良いでしょう。

例えばこのサイトでいえば、一番小さな項目はこのページの「目次学習とは?」と「なぜ、目次学習が効果的なのか?」の二つということになるでしょう。

そして中項目は「目次学習のススメ」、大項目は「実践!勉強法」となります。


なぜ、目次学習が効果的なのか?

試験の方法を大きく二つに分けると、択一式(短答式)と論述式(論文式)に分類することが出来ます。

目次学習は基本的にどちらでも有効だとは思いますが、論述式(論文式)でよりその威力を発揮します

論述式(論文式)の試験において重要なことは、「書くべきこと(点数につながる内容)を漏らさず書く」ことだと言われます。

例えば50点満点の問題があるとして、配点のある項目が5つあるとします。単純に1つの項目に10点ずつ配点されているとすれば、「2つの項目を完璧に解答して20点取る」よりも、「5つの項目すべてについて、半分だけ書いて25点取る」方が点数も高いし、何より効率的です。なぜなら、1つの項目につき満点を取ることができるまで暗記の精度を上げるには、相当な時間と労力を要するからdです。

このことから言えるのは、たとえ内容的に少々薄くても、範囲を広く網羅しておくことが重要であり、それにはその範囲をすべて網羅できる勉強方法である目次学習が有効であるということです。

机に向かって勉強する時間がなかなか取れないサラリーマン受験生にとっては、効率的な勉強方法かと思われます。マスターしていけば、最終的にはテキストすら使わず頭1つで勉強できるのです。


バナースペース

お知らせ

ご意見やご質問、また相互リンクのご依頼は、入力フォームからお気軽にどうぞ。リンクしていただける場合は、リンク集の下部にある紹介文等をご参照ください。
Yahoo! JAPAN に登録されています。
その道のプロが、あなたをガイド。All About「仕事に活かせる資格」にて、インタビュー記事が掲載されています。