本文へスキップ

サラリーマン受験生応援専科は働きながら勉強するサラリーマンを応援します!

朝を制する者は受験を制する!実践!勉強法

ホーム > 実践!勉強法 > 朝を制する者は受験を制する!

スポンサードリンク

なぜ、朝か?

もはやサラリーマン受験生の定番となりつつある早朝学習。ここではその早朝学習のメリットを改めて紹介するとともに、オススメの早朝学習法を紹介します。

まずは早朝学習の利点です。このサイトでは当初から朝の学習を提唱してきました。それは以下のようなメリットがあるからです。

早朝学習のメリット
【最も期待できるメリット・効果】
  1. 早朝における頭の回転は抜群に良い。仕事においてもそうだが、午後よりも午前中の方が能率が高い
  2. 夜は残業などにより時間確保が難しいことが多い。その点、早朝は一定の時間確保が可能
  3. 早朝学習は限られた時間で行うため、締切効果が遺憾なく発揮される
【副次的に期待できるメリット・効果】
  1. 早朝の通勤電車はすいているので、電車での勉強が可能になる
  2. 早起きすると気持ちがいいし、絶対に遅刻しない
  3. 朝早く起きるため、夜更かししないように努める


朝型の体にするのは、最初のうちは大変ですが、これも習慣付けることで能率が上がってくるでしょう。

実際、仕事の後に疲れた体で勉強するよりも、やはり朝のほうが調子がよいのは実体験で非常に感じています。夜の勉強は正直眠くなりやすいです。

会議室を使い倒す

ここからは、管理人が実際にやってみた、早朝学習の具体的な方法を紹介します。

まずは、会社の会議室を利用して勉強する方法です。


朝の会議室は非常に静かで、勉強がはかどります。会社の守衛さんと仲良くなったら慣れた証拠です(笑)。

ただし、この方法は社内の人に知れ渡る可能性があるので、後で「サラリーマンとして会社で気をつけるべき点」で述べるように、勉強していることを会社の人に知られたくないときにはできません。

早朝自習室を使い倒す

専門学校によっては、早朝自習室を提供してくれるところがあります。朝から頑張っている同じ受験生を見ると、モチベーションが上がります。

ただし、専門学校の場所が、家または会社に近いとか、通勤途中にあるとかの立地的な条件が必要になるかもしれません。

コーヒーショップなどを使い倒す

朝のコーヒーショップ、ファストフード店などで勉強するのもGoodです。この時間帯だと、団体で騒がしい人たちはほとんどいません。逆に、結構勉強している人が多いです。

ただし、多少コストがかかります。管理人の体験としては、試験直前のみ使っていました。

家で勉強する場合

様々な条件あるいは個人の性格により、上記方法を使用しない・出きない場合は、家で勉強をしてから出勤するかもしれません。その際にも、少し工夫を・・・。

朝、家で勉強してから出勤する場合、通勤中にも勉強すると思います。そのとき、朝勉強したことの復習に使ってみてください。「数十分前に勉強したことだから、当然覚えているだろう・・・」と思ってやってみると、意外にできないもの。

もし、満員電車でテキストを広げられなくても、ちょっと前にやった内容を思い出しながら出勤し、会社に着いたらちょっと確認。これだけでも効果あります。

スポンサードリンク

バナースペース

お知らせ

ご意見やご質問、また相互リンクのご依頼は、入力フォームからお気軽にどうぞ。リンクしていただける場合は、リンク集の下部にある紹介文等をご参照ください。
Yahoo! JAPAN に登録されています。
その道のプロが、あなたをガイド。All About「仕事に活かせる資格」にて、インタビュー記事が掲載されています。


study4.htmlへのリンク